CFD「差金決算取引」ブログ。

cfd主に原油価格について書きます。3割雑談入ります!

原油下落!12月6日までは下落の予感⁉️

タイトルにも書いたとおり

原油価格が更に下落しています。

 

11月23日15時現在の価格は、、、

f:id:sti23:20181123152129p:image

53.23ドル(−2.56%)となっています!

 

5日間のチャートを見てみると、

f:id:sti23:20181123152801p:image

21日に次ぐ低価格となっています!

 

これは、

アメリカの原油在庫が増加した事が

要因となっています。

2017年12月以来の約一年ぶりとなる

高水準となりました!

 

供給過剰に歯止めがきかなくなっています。

その中でも特に生産量1位となったアメリ

の伸びが凄まじくなっています。

10月の生産量が日量1170万バレルの過去最高

を更新しました。

しかしこれでは収まらず、来年の生産量は

日量1200万バレルを越すとの見通しが!笑笑

その他の生産国も生産量が増加しております。。

 

国際エネルギー機関によると、、

世界の原油市場は来年いっぱい供給過剰になるとのこと!

 

前回のブログで、

石油輸出国機構が近く減産で合意との観測

という事と、

アメリカと中国との貿易摩擦

アジア主要国の原油需給の低下

が 

天秤にかけられていると書きましたが、

それにアメリカの原油在庫増加が後押し

した事により価格が下落しています。

また供給過剰ということも大きな要因です。

 

そして世界の原油需要の約3割を占める

アメリカと中国の経済が悪化していると

いう追い討ちもあります。。

 

 

しかし、

タイトルにもう一つ書いた

12月6日

というのは、

原油輸出国機構が総会で原油の減産を表明

する意向をしめしてるということです。

 

これが唯一の価格が上昇する要因であり、

正式に表明するまでは現状のままか、さらに

下落する可能性の方が高いと思います。

しかし12月6日に声明を発表したからといって

すぐに大幅な上昇は見込めないですね。

 

赤字=価格上昇の要因

青字=価格下落の要因

 

こうみると明らかに下落の要因が多く、

強い感じがしますね笑笑

 

読んで頂きありがとうございました^_^